ハンドメイドのお店 ふらっぺ1028

オリジナルキャラクターのしらたまやじゅらき、ワイヤークラフトRoscaなどなど楽しく制作している二人のブログ。出展レポートや新作情報のほかにアニメの感想などたのしく綴ります。

名古屋ファンフェス初参戦!感想レポート

4月29日ファンタジーフェスティバルに遊びに行きました

はろう、ハルタです。

先日、ふらっぺ1028のふたりで名古屋ファンタジーフェスティバルにお邪魔してきました。

実は前回のファンフェスでデビューをする予定だったのですが、台風が直撃し交通網が遮断。

タイミング悪っ!台風コノヤロウ!

そんなこんなで、デビューは今回に延期となりました。

初参戦なこともあり、サークル参加ではなくお客さんとして伺ったので、そちら目線からの感想レポートをば。

また、出展するとしたらこうしたい!なんてのもお話できたらと思いますよ~。

 

会場まで

ファンフェスは名古屋駅から徒歩で10分弱、「ウインクあいち」というビルが会場でした。大きくて新しそうなビルで、会場ごとに様々なイベントが行われている、人の集まる建物ですね。

ウインクあいちと言えば、クリエイターズリンク(クリリン)で参加させてもらったことのあるビルです。

しかしハルタは相変わらず方向音痴なので、ぜーんぜん覚えていませんでした(笑)

脳内にナビが入っているあさぎちゃんに連れられて、いざ会場入り。

駅から近くて助かるなぁ。 

付近に飲食店もあるので、イベント帰りにアフターしやすいのもいい。

会場内の感想

エレベーターに乗って着いた先は、とても活気に溢れるフロアでした。

とにかく人口密度が高い。

お客さんがたくさん来ていて、通路も広くはないのですれ違えない道もあるくらいでした。

集客力めちゃめちゃすごい!!と驚くぼくら。

たくさんの人に作品を見てもらうにはうってつけのイベントです。

しかも最後までしっかり見ても疲れないくらいの、適度な広さでした。

大きめの会議室2部屋分の会場で、行き来は自由。入場も無料。ありがたい。

1周目は作品を隅々まで拝見し、2周目に購入するという動きでも楽しめました。

そう、ぼくら2周してしまった(笑)

雰囲気について

主催者様が同じ方なだけあって大須enフェスとほぼ変わりありません。

レジンや布、ビーズなどのキレイめな大人のアクセサリーと、独特な世界観を存分に発揮した個性溢れる作風が点在するエキサイティングな空間です。

ふらっぺ1028のしらたま。やじゅらき。なんかは少し色が違うかもです。

オリジナルのキャラもの作家さんもいらっしゃいましたが、数は少ないかな?

キラキラのレジンと、スチームパンクあたりが目立った印象。

ご縁がいただければ、Rosca(ロスカ)で出店してみたいなぁ。

いや、逆にしらたまも持ち込むのもアリなのか……。

ファンフェスまとめ

今回はお客さんとして参加した名古屋ファンフェス。

出展者様もお客さんも、みんなでワイワイ交流しながら作品を見せてもらえる、活気に満ちたイベントでした。

ファンフェスの素敵なところは、楽しそうな話し声が至るところで聞けるところ。

作家さんの作品に込めた思いを聞けるブースが多く、作家さんが積極的にお話をしてくださる。

また、ファンの皆様の「今回もめちゃめちゃ可愛い!」とか「これどうやって作られてるんですか?」とか、嬉しくてイイ声も飛び交う。

お祭りのように元気をもらえる、ハンドメイドの充実した時間でした。

次回もとても楽しみです。

いつかサークル参加もしてみたい!