ハンドメイドのお店 ふらっぺ1028

オリジナルキャラクターのしらたまやじゅらき、ワイヤークラフトRoscaなどなど楽しく制作している二人のブログ。出展レポートや新作情報のほかにアニメの感想などたのしく綴ります。

がっこうぐらし!騙されて見ましたネタバレ

「まさか……まさかそういうシナリオだとは……」

※ここからはがっこうぐらし!のアニメを見た感想とネタバレのオンパレードです。ご覧になる際にはご注意ください。筆者の語彙力減少にもご注意ください。

予備知識ないほうが楽しめるアニメだけども!

ぼくは学園ほのぼの系やらちびっこ絡みのほのぼの系日常のストーリーがとても好きです。そんなぼくのために友人が勧めてくれたのは【がっこうぐらし!】。予備知識としては、①ギャップ萌えにありつける ②学校で暮らす! このふたつのみ。きちんと聞いておかなかったことが運の尽きでした。ぼくが楽しもうと思っていた方向性と違った!!でも好き!!!

まずギャップ萌えについてね。

ぼくは元来、登場人物のギャップに多大なる萌えを感じる人種なのだよ。チョロいツンデレと顔の怖いピュアが大好物なんだ。この作品ではどんなギャップを見せていただけるんかなとワクワクしたのも束の間。

おい!!!シナリオぉ!!!お前かよぉぉぉ!!!登場人物じゃなくてお前シナリオ自身かよおおおおおおおお!!!!!

ストーリーとタイトル、加えて絵柄、OP……すべてにおいて内容とギャップありすぎだろ……。バイオテロて。ゾンビて。主人公精神異常状態て……。大好きな皆と学校にお泊まりだー☆とかじゃなくて、「出られぬ故に学校で暮らさねばならぬ」というやつ!!!!嘘だろ!!!元々こうなったときの対策が練られた学校て!!!スコップで恋人?を刺殺て!!!先生死んどるて!!!しかも犬を感染させるて!!!!そのまま死ぬて!!!おいいいい!!!!

だが好き!!!!

 

2周目に見るときまた楽しめる伏線の数々

よくよく考えてみれば、様々なシーンにたくさんの伏線が張られてたいた。

割れている窓。一人だけ違う制服の色。みーくんがKYに見えてしまう授業中の訪問。太郎丸。腫れ物に触るような周りの対応。ゆうりちゃんとくるみちゃんはとても心をすり減らして生きていたはずだ。それでも、ゆきは知らないことで皆を救っていたのは間違いない。ゆきちゃんの役割は、全てを忘れて元気に明るく、いつも通りに狂うことに他ならない。それで皆が救われていたことが、揺るがない事実である。

めぐねぇもしんどかった。めぐねぇと話すのはいつもゆきちゃんだけだった。いつもどこか浮いていて、打ち解けているようで存在感がなかった。ぼくが気づいたのは図書館のシーンで割りと早めだったのだが、アニメが進んでいけばいくほど「めぐねぇ絶対死んどる……つらい……」と心の準備をしていた。それでもみーくんが来てからの発覚シーンは辛かった。車も運転できていなかったし、くまの人形も受けとることがてきていなかった。寝るときは見回り、出現はいつも突然。あぁ、ここに居ないのだと胸が軋んだ。ただ総じて言えるのは、佐倉先生はとても良い教師である、ということだ。佐倉先生は、とても、良い教師である。良い教師である。

百合ではないが夫婦と言わざるを得ない

くるみちゃんはいつ如何なるときも頼れるパパだったし、ゆうりちゃんは危機的状況下でも頭脳派ママだった。ここは夫婦のようで信頼感が厚く、ゆきやみきを支える支柱であった。そして温める家のようでもあった。お互いが唯一の支えであり、お互いを唯一の支えていると自覚がある。くるみがゾンビに感染したとき、側にいたゆうりが一番苦しんだのだと思う。よくがんばったね……!って、きっとめぐねぇも言ってくれるよ……。

とにかく、最終回はタオル1枚分泣いた。

原作を買う。それだけだ……!最後に言いたいのは、推しはくるみですということ。